よく耳にするけれど、詳しく知らない髪のキューティクルとは?

髪の話題になるとよく聞く言葉「キューティクル」。

では、どんなものなのかというと、思いの他に答えられる人は少ないです。

髪の表面にある層

かんたんに言うと、これがキューティクル。

髪の構造としてみると、大きく以下の3つなります。

  1. メデュラ:髪の中心
  2. コルテックス:メキュラを中心とする髪の大部分
  3. キューティクル:髪の表面うろこ状の層

キューティクル以外は、あまり聞き慣れない言葉という方も多いはず。

分かりやすいように例えると、メデュラ:骨。コルテックス:肉。キューティクル:皮。

ではなぜキューティクルだけが大きく取り上げられるかというと、髪のコシやハリなど見た目にも影響するから。

傷んだ髪にキューティクルがないと言われるのは、このためです。

髪をきれいに保つために必須であっても思いの他に知らない「キューティクル」について、解説をしていきます。

キューティクルについて

よく言葉は耳にしても、その仕組み以上にキューティクルの分かりづらい部分。

  1. 痛む表現で「開く」と言われる理由
  2. どんなことをすると痛むの?
  3. ヘアケアが必要な理由

上記の3つが特に分からないと言う方が多いのではないでしょうか。

気になるそれぞれを、個別に解説していきます。

1.痛む表現で「開く」と言われる理由

キューティクルでよく聞く言葉「開く」。

仕組みを知っていれば分かるのですが、分からないと「???」となる方も多かったはず。

キューティクルはうろこ状の層

痛むことでうろこ状の層が欠けたり剥がれたりすることで、開いた状態になります。

「うろこのある傷んだ魚 =  髪が傷んだ状態」と考えると、分かりやすいでしょうか。

ぜつびん
うろこ状の層が欠ける、または剥がれれるから「開く」と表現している

2.どんなことをすると痛むの?

キューティクルはどんなことをすると「痛む」のか。

  1. 摩擦
  2. カラー
  3. パーマー

髪が痛むと言われていることをすると、キューティクルに影響が出ます。

また、濡れている時が髪が痛みやすいと言われるのは、キューティクルが柔らかく剥がれやすい状態のため。

プラスして、カラーやパーマなど髪への変化が大きいほど、キューティクルへの影響は大きいです。

ですから、私たちが行っているヘアケアは、キューティクルを守るために行っているといっても過言ではありません。

ぜつびん
変化が大きい、刺激が強いほどキューティクルは痛む

3.ヘアケアが必要な理由

キューティクルの仕組みを知った上で、「ヘアケアが必要な理由」。

髪は死んだ細胞だから

これにつきると言えます。

神経もないですからハサミで切っても、化学反応でカラーやパーマを行っても痛みのない髪。

その代わりに、生えてきた状態以上によくなること、回復することはありません

怪我しても回復する皮膚とは異なり、髪は傷むとその状態のままなんです。

ですから、キューティクルが欠ける、剥がれた状態を例えると以下になります。

コーティングが剥がれた状態

コシや艶がなくなるにプラスして、生身の髪が痛いやすい状態。

トリートメントなどヘアケアは、キューティクルを守る、代わりとなっていました。

また、ヘアケアでキューティクルの代わりに一旦はなっても、定着はしません。

ですから元からあるキューティクルをいかに大切にするのかが、重要と言えます。

その理由は、ヘアケアを怠ると、髪がボロボロになる一直線と言えるので。

ぜつびん
髪は一度傷んだら自然な回復はしない

髪のキューティクル あとがき

髪のキューティクル あとがき

髪の構造は冒頭でも記述しましたが、上記図も参照すると以下の通り。

  1. メデュラ:髪の中心
  2. コルテックス:メキュラを中心とする髪の大部分
  3. キューティクル:髪の表面うろこ状の層

キューティクルは表面にあるからこそ痛みやすいのですが、髪のコシやハリに大きく影響する部分。

だからこそ、日々のヘアケアで守る、代わりとして補填してあげることが重要です。

その上で知っていてほしいこと。

髪は死んだ細胞で、1度傷んだら自然な回復はしない

どんなに髪をいじめてもトリートメントがあるからいいや! と思っていた方も、考え方が少し変わるのではないでしょうか。

老若男女問わず、髪はいつまでもキレイに保ちたいもの。

キューティクルの仕組みを知っておくことは、髪のヘアケアにも大切なことです。

 

以上、『よく耳にするけれど、詳しく知らない髪のキューティクルとは?』でした。