髪のトラブルが気になる。対処するにはどのタイミングがいいの?

ふとしたした瞬間に気になるなるのが「髪のトラブル」。

  • 鏡を見た時
  • いつもの髪が決まらない
  • 髪がキレイな人を見たことで比較

など、気になるタイミングは、突然のようにやってきます。

プラスして1度でも感じてしまうと、妙に気になるのも髪のトラブル。

この時に結果として大きな差となるなるのが、すぐに動ける人と、そうでない方。

人それそれぞれで事情はあったとしても、断然「すぐ動ける人」が髪のトラブルの回避に進んでいけます。

逆に気になっているのに動けない方は、挽回が難しいかったり、取り返しのつかないことも…。

なぜ髪のトラブルに気になった時、すぐに動ける人の方がいいのか、解説をしていきます。

髪のトラブルの種類

気になるというのは同じであっても、人それぞれで気になる「髪のトラブル」。

  1. 髪の痛み
  2. 白髪含む髪の色
  3. 薄毛

代表的なのは上記3つで、その他や、複合で問題となる方がいます。

気になるトラブルの内容が異なるのであれば、動くタイミングの早い遅いは関係ないかというと、そうではありません。

ちょっとのことだと思っても、大きな差となって現れてくるんです。

気になってすぐに動く人がいい理由

その内容は異なっても、気になったらすぐに動ける人がいい理由。

  1. 髪のトラブルは自然に回復しない
  2. 時間経過とともに進行する
  3. 問題が大きくなるほど時間と費用が増える

要はどうなるかと言えば、対応が遅くなるほどにマイナス面が広がるということ。

対処するのも難しくなるのでストレスとなり、新たなトラブルの原因になりかねません。

マイナスとなる3つの項目について、個別にどういうことなのか解説します。

1.髪のトラブルは自然に回復しない

1つ目の重要なこと「髪のトラブルは自然に回復しない」。

髪は死んだ細胞

だからこそ切っても、化学薬品で変化を加えてりしても痛くもなんともありません。

そのかわり他の体の部位でケガをしても治るような、自然治癒することはありません

これは痛みだけでなく、髪色や薄毛についても同様。

何も対処をしなければ、回復や改善することは見込めませんというよりも、ありません。

ぜつびん
死んだ細胞だからこそ、髪は自然に回復しない

2.時間経過とともに進行する

髪は自然に回復しないからこそ起こるのが、「時間の経過とともに進行する」。

もっと直接的な言葉で示すと、以下の表現になります。

トラブルが悪化する
爪と同様、新たに細胞分裂することのない、髪ならではの起こること。

痛みや、髪色、薄毛は時間の経過とともに、もっと大きなトラブルになるんです。

気になるレベルも大きくなりますから、ストレスも増えることになります。

ぜつびん
髪のトラブルは止まってくれない

3.問題が大きくなるほど時間と費用が増える

髪は自然回復しない、トラブルも悪化するからこそ「対処に時間とかかる費用が増える」。

  • 気になり始めた時;小さなトラブル
  • 時間をおいた時:大きなトラブル

大きなトラブルになればなるほど、必要とされることが大掛かりになります。

時間もですし、対応するための費用が増えてしまうのは必然です。

最悪痛みであれば切ればいいのですが、大きな問題となるのは薄毛。

ヘアサイクルには限度がある

髪は抜けても、永遠に生えてくるわけではなく、同じ毛根から生えてくるのは10〜15回。

薄毛になると極端にヘアサイクルの周期が短くなるので、対応の遅れは致命傷になります。

ぜつびん
小さなトラブルのうちに対応するのが、対処、費用面でもベスト!

髪のトラブル あとがき

髪のトラブル あとがき

ふとしたタイミングで気になり始める「髪のトラブル」。

  1. 髪の痛み
  2. 白髪含む髪の色
  3. 薄毛

人それぞれで気になる問題は異なっても、共通することが1つ。

気になったのであれば、すぐに対応に動くこと

後回しにしてしまうと、対処するのに時間も費用も余分にかかります。

できることも限られストレスが続くことにもなりますし、なるべく早い段階で動きましょう。

自然に髪はよくはなりませんから、最初に一歩とどうするかが思いの他に重要です。

 

以上、『髪のトラブルが気になる。対処するにはどのタイミングがいいの?』でした。