シャンプー前はブラッシング! ほんの一手間が髪を引っかからなくする

シャンプーをすると「髪が引っかかりかりやすい…」。

髪が長かったり、傷んでいると多くの方に起こること。

ですが、引っかかるのは仕方がないことと、諦める必要はありません。

シャンプー前にブラッシングをする

ほんのひと手間を加えるだけで、濡れている時の引っかかりがほぼなくなります。

すぐできることなのに、せずにシャンプーをいきなりしていまう人も多いのはないでしょうか?

シャンプー前のブラッシングの必要性について、解説をしていきます。

なぜシャンプー前にブラッシング?

シャンプー前にブラッシングをする意味は、以下の通り。

  1. ホコリやゴミの除去
  2. 髪を整えてとく

通常時のブラッシングでは「程よい頭皮の刺激」もですが、シャンプー時は上記2つです。

1. ホコリやゴミの除去

髪は1日中外気に触れていることから、思っている以上に汚れている状態。

整髪料や皮脂で、ホコリやゴミが付着する

整髪料はつけない方もいますが、頭皮からの皮脂は誰もが出ているもの。

油分がホコリやゴミを吸着しやすくしているので、思っている以上に付着しています。

また、細かいとホコリやゴミだと思っていても、濡れると大物になる場合も…。

引っかかりの原因となるので、ブラッシングで落として置く必要がありました。

ぜつびん
小さなホコリやゴミも、水分を含むと引っかかりの原因になる

2. 髪を整えてとく

シャンプー前のブラッシングをする最も重要な意味が、「髪を整えてとく」。

1日を通して髪が絡み合っている状態

そのままの状態でシャワーをかけてしまうと髪が引っかかるのは、ある意味で当然のこと。

水の中で糸が絡んだらときづらいと同様のことが、髪でも同じように起こります。

また、引っかると当然引っ張る力が強くなるので、水分を含んで痛みやすい状態の髪にダブルパンチ!

シャンプー前にブラッシングをすることで絡みを取り、引っかかりづらくしておきましょう。

ぜつびん
水分を含んだ髪は、痛みやすく引っかかりやすい状態

ブラッシングの見極めポイント!

シャンプー前に行う「ブラッシング」。

髪の長さや痛み関係なく行うのがベストですが、見極めをするポイントもあります。

手ぐしで引っかかるかどうか?

ちょっとでも手ぐしで引っかかりを感じたら、ブラッシングは必須!

そのままシャワーを浴びてしまうと、引っかからない理由は何もありません

手ぐしでは大丈夫な方も、ブラッシングが不要というわけではないので、注意が必要です。

向いているブラシ

シャンプー前のブラッシングに向いている「ブラシ」があります。

目の粗いコーム、クッションブラシ
 通常のブラッシングと同様ですが、目の粗いブラシであることが重要。
シャンプー前のブラッシングは、髪をとくことに意味があります。
間違っても目の細かいコーム、セットに使うブラシを使わないようにしましょう。
ぜつびん
シャンプー前のブラッシングは、髪をとくことに意味がある

あっれ! 美容室では…

シャンプー前にブラッシングを必要と聞いて、人によっては別の「引っかかること」。

シャンプー前にブラッシングをされたことがない

特に髪が短い方は、当てはまることは多いかもしれません。

ではなぜ、美容室では誰にでもシャンプー前にブラッシングをしないのか。

  • 髪全体を見て判断している
  • 引っかからない技術がある

美容師はお金をもらうプロですので、髪を見ての判断力、引っかからない技術も持ち合わせています。

中には下手な方もいますが、技術と状態判断をしているからが理由でした。

ぜつびん
髪が短いのに美容師にブラッシングされる人は、髪の状態があまりよろしくないかも…

シャンプー前のブラッシング あとがき

シャンプー前のブラッシング あとがき

髪が引っかからないために行う、シャンプー前に一手間の「ブラッシング」。

  1. ホコリやゴミの除去
  2. 髪を整えてとく

大したことないように思えるかもですが、シャンプー中の引っかかりには大きく影響します。

引っかかると気になるだけでなく「引っ張ってしまう = 痛みの原因」にもなるんです。

プラスして引っかかることで、起こりやすくなること。

すすぎが不十分になりやすい

引っかかりが気になるからこそ、起こってしまいます。

すすぎが不十分 = シャンプーが残留する」ことにもつながり、髪にも頭皮もよくありません。

ほんの一手間の小さなことが、大きなことに変わっていくのが髪のこと。

可能であればお風呂場には目の粗いブラシを常備し、シャンプー前にはブラッシングをするようにしてください。

ドライヤーをかける前にブラッシングは必要ですので、固定で置いておく便利です。

髪の引っかかりが、思っている以上に解消することができますよ。

 

以上、『シャンプー前はブラッシング! ほんの一手間が髪を引っかからなくする』でした。