薄毛が気になる男性こそ、髪は短く。長くするのはデメリットだらけ

薄毛が気になり始めた男性で思いの他に多いのが「髪を伸ばしてカバーしようとする」。

なんとか隠したくなる気持ちとしては分かるのですが、あまりいいことではありません。

薄毛を進行させる可能性が高くなる

隠そうとしていることが、より悩みを広げてしまうんです。

丸刈りや極端に短くした方がいいとは言いませんが、なるべく短髪にするのがベスト!

どういう理由によることなのか、解説をしていきます。

髪を長くすることで起こること

薄毛が気になっている男性が、「髪を長くすると起こること」。

  1. より薄く見える
  2. 気にしているのが周りに分かる
  3. ストレスの原因になる

本人はカバーしてよく見えるようにしていても思いとは逆となり、ストレスになるんです。

ストレスは髪に大きな影響を与えます。

それぞれを個別に、もう少し詳しくどういうことなのか解説をしていきます。

1.薄く見える

髪を長くするからこそ「薄く見える」。

カバーをしようとしているのに、逆のことが発生するのが理由。

頭の部位によって、密度の差が出てくる

男性の薄毛の傾向から、長くなるほど密度の差は顕著に現れることになります。

  • M字:生え際が後退する(進行するとU字)
  • O字:頭頂部から薄くなる

逆に、両サイド、後頭部から薄くなることはまずありません。

短ければ見た目の差は小さいですが、長くなるほどに濃い、薄いの差は現れます。

加えて多いのが両サイド、後頭部の髪を長くして、薄毛部分に持ってくる行為。

長さの違いがボリュームの差を生むことになり、より薄く見える要因です。

ぜつびん
髪が長いほどカバーではなく、逆に薄く見える

2.気にしているのが周りに分かる

長くすることで見た目の変化があるからこそ「気にしているのが周りに分かる」。

髪型のバランスが不自然

通常の髪型とは異なるからこそ、逆に目立つことになります。

結果として薄毛を隠そうとしていることも、容易に分かるようになるということ。

仮に同じ薄毛の状態であっても、隠そうとするからこそ変わる変化がありました。

また、髪の長さと同様に、帽子を被るのも同じように気にしているのが分かります。

あえて逆に隠そうとしないほうが、圧倒的に気付かれることは少ないです。

ぜつびん
言葉にはしなくても、逆に気付いていないと考える方が不自然

3.ストレスの原因になる

長くすることで起こる最大の問題が「ストレスの原因になる」。

  • あなた自身が気になる
  • 周りに気付かれないか?
  • 抜け毛が目立つ

気にして隠そうとするからこと、感じなくてもいいストレスが増えていくんです。

長さから抜けた毛が目立つからこそ、本来必要なシャンプーを怠る原因に!

退行期の抜けるべき毛を気にして頭皮ケアができないのは、これから生えてくる髪に影響します。

ストレスは髪に大きく影響する

隠そうとすることが、薄毛をより進行させることにつながることに。

自らストレスと増やす原因を作るのは、全くもっていい選択とは言えません。

ぜつびん
気になるからこその行動が、逆にストレスを増やす

どれぐらい短くするのがいい?

隠すために髪を長くするのがよくないのあれば「どれくらいの長さがいいのか」。

  • サイド、後頭部を長くしない
  • 薄毛が気になる頭頂部を極端に長くしない
  • 全体のバランスを第一に考える

できるのであればありですが、丸刈りや刈り上げなど、極端に短くしなけれればではありません。

短髪にあてはまる長さ、月1のカットで収まるのであれば大丈夫です。

極端に短くと考えるかもしれませんが、決してそうではありません。

ぜつびん
短髪の範囲内で、髪のバランスが悪くなければ問題なし

男性の薄毛は髪を短く あとがき

男性の薄毛は髪を短く あとがき

あなた自身が「薄毛になってきたかな?」 と感じると、ショックを受けるのは分かります。

ですが、隠そうするのが目的で髪を伸ばすのは全くオススメができません。

薄毛を進行させる可能性が高くなる

隠そうとするあまり逆にストレスとなる原因が多くなり、悪影響となるんです。

気になっているのであれば、髪を長くするよりも、他にできるケアを選ぶのが圧倒的に正解!

隠そうとする = 余計に薄毛が目立つ

冷静でなくなるからこそ忘れがちですが、このことを忘れないでください。

 

以上、『薄毛が気になる男性こそ、髪は短く。長くするのはデメリットだらけ』でした。