薄毛の悩みからの期待を騙す商品を許さない! 効かない物の見極め方

周りの目よりも、自分自身が何もよりも気になる「薄毛」。

悩みが深くなることだからこそ、その弱みにつけ込んでくる業者も少なくありません。

2021年3月3日。育毛剤「BUBKA ZERO」を供給する株式会社T.Sコーポレーションに対し、景品表示法に基づく措置命令が消費者庁から出されました。

措置命令はどんなことをしたのが要因かというと、以下の通り。

  • 医療関係者がオススメ
  • 使用者の90%が効果を実感
  • 2カ月の使用でフサフサ

上記のように薄毛の人にとって、そそる巧みな言葉を使って誘惑。

実際には明らかな過剰な記述であり、思っているような効果は得らないという結果です。

特に育毛を実行中の方であればご存じだと思いますが、期間もお金もかかる育毛の対象方法。

冷静な状態であれば回避ができても、悩みが深いからこそ騙されてしまう方も多いです。

それでも髪が細くやコシななく、薄くなるということは、対処は確実に必要なこと。

そこで、どういう視点でみれば騙されることなく、適切な薄毛の対処ができるのか。

実際に購入する前に注意すべき点と抑えつつ、解説をしていきます。

育毛材と発毛剤は用途が異なる

薄毛の多くの方が利用する「育毛剤と発毛歳

  • 育毛剤 = 今ある髪を育てるもの
  • 発毛剤 = 発毛を促進するもの

上記の違いがあります。

措置命令が出された「BUBKA ZERO」は育毛剤であるのに、髪が生えてきてフサフサになると記述。

まず育毛剤としてはありえないことであり、更に期間もプラスされています。

髪を含む毛にはそれぞれに発毛周期があり、2カ月でフサフサは人ではまずありえません。

通常はありえないことでも、自分だけには起こりえる
これを期待する気持ちは分かりますが、難しいというのが現実。
また、毛根がすでになければ、どんなものを使っても髪は生えることはありません。

なぜ期待通りの結果にならないのか

明らかに過剰な記述であっても変わらないのは「育毛剤であること」。

生えなくだけでなく、その他クレームが上がるからこそ、消費者庁が動きます。

それを踏まえた上で、育毛剤やコンプレックス商品の製造過程で多いことが1つ。

成分的には結果が期待できるはず!

今回の「BUBKA ZERO」がそうとは限りませんが、多く存在することを覚えておいてください。

特に検索しても効能がよくわからない成分を押してくる場合は、まず疑いましょう。

また、明らかに記述が過剰な場合は、最初から検証自体も不足しています。

結果を求めるということ自体が、難しいことでした。

ぜつびん
まずありえないない記述 = 結果ではなく消費者を騙してお金を得るための手段や、物

ビフォー・アフターはまず疑うべき

特にコンプレックス商品を購入する際に参考にする方も多い「ビフォー・アフター」。

いわゆる使用前、使用後の比較ですね。

  1. 大きく加工されている
  2. ベストチョイスを選択
  3. その商品の結果ではない

過激な変化であるほど、上記3つに当てはまる場合が殆ど。

現在ビフォー・アフターは広告表示として薬事法の規制が存在しているのですが、購入に大きく関係する部分だからこそ、過激なものが今も存在。

画像、動画に限らず、過激な加工または、奇跡の1枚も選択されています。

また、これも多いのが確かに変化の結果であっても、その商品であった結果でないこと。

購入に関係するビフォー・アフターに需要があるからこそ、普通に画像や動画が売買されています。

特にリスティング広告の過激なビフォー・アフターは、まず疑ってください。

標示上に購入できる数が限定で少ない、購入時間の制限のカウントなんてあれば、お金をムダにします。

ぜつびん
過激な変化であるほど、期待ではなく避けるのがセオリー

私たちがネット見るのは、ほぼ加工されたもの

加工や、実際商品を使っていない「画像や動画」が使われていること。

見る側からした「ふざけんな!」ですが、ネットに多く存在するものです。

特に美容関するSNSの画像や動画

購入を促すためのものでなくてお、加工されていない方が珍しいこと。

需要があるからこそ、そのためのアプリも充実、増えていきます。

だからこそ、気を付ける必要があることが1つ。

変化を見せるのが目的のビフォー・アフターこそ加工されている

寂しい気もしますが、これが現実であるということも覚えておきましょう。

ぜつびん
過激なビフォー・アフターに引っかかる消費者は、業者にとってお金を持ってくるカモ

薄毛の悩みを騙す商品 あとがき

薄毛の悩みを騙す商品 あとがき

薄毛の悩みを解決するために多くの方が利用する、「育毛剤と発毛剤」。

現状が髪が細くやコシななく、薄くなるということは、対処は確実に必要なこと。

多くの物は利用しても効果はありませんではなく、間違っているのはその売り方。

人の悩みにつけ込んでくる

コンプレックス商品は需要も高いからこそ、よろしくない売り方をする業者も存在します。

悩みの解決ではなく、お金が1番の目的となった物に結果を期待する方がムダというもの。

過激な表現は冷静であればおかしいと思えても、悩みが深いからこそ本当だと思ってしまうのは仕方ありません。

それでも時間をお金がかかることですから、その場の勢いの判断だけはやめましょう。

過激な表現、効果ををうたうものこそ、後からの後悔だけは一級品です。

 

以上、『薄毛の悩みからの期待を騙す商品を許さない! 効かない物の見極め方』でした。