なぜ美容師や理容師にシャンプーをしてもらうと気持ちがいいのか?

美容師や理容師にしてもらう「シャンプー」。

自分で洗うよりも気持ちがいい! と感じる方が多いのではないでしょうか?

中には下手くそな方もいますが、気持ちがいいのは別の人に洗ってもらうからではありません。

シャンプーの指の使い方に違いがある

この事が大きな差になっています。

そんなに難しいことではないのですが、小さな違いが大きな差になっていました。

洗い上がり、気持ちよさにも関係しているんです。

個人でも同じ指の使い方ができるようになると、自分でシャンプーしても洗ってもらった時のように気持ちがよく、ドライヤーで乾かす際にもうまく乾かせるようになります。

個人で行うシャンプーの際の指の使い方の違いについて、解説をしていきます。

指の当たる面積が異なる

指の当たる面積が異なる

個人で洗う際と、美容師、理容師の指の使い方の最大の違いは、以下の通り。

指をのどちらを使うか

点が多くの個人で、指先。

面が美容師、または理容師で、指の腹。

同じシャンプーをする際にも頭皮に当てる指の部分が異なるのが、大きな違いとなっていました。

指先だと点。触れる部分が少なく、力を入れると爪が頭皮に当たる。

マゾな人でない限り必然的に力も入りませんし、洗え場所とそうでない部分が出てくるんです。

指の腹を使うと当たるのが面になるため結果的に力も入りますし、実際にしっかり洗えていますが、気持ちよさにもつながっています。

点か面の違い。文字にしてみると、すごく単純であるのが分かるのはないでしょうか。

少し大げさですが、感覚とすると指の第一関節を使うつもりがオススメです。

面で当てるからこその注意点

指先の点よりも、指の面を使う方が望ましいのですが、デメリットもあります。

面で洗うことにより、指と髪が絡みやすい
この事が個人で洗う際に、指先で洗う方が多い原因ともいえます。
人は意識をしなくても、不具合が出ない方を自然と選んで行動をしまいますから…。
ただし、美容師、理容師が行っているということは、絡みずらくする方法があります。
絡みそうになる前に指抜きをする

「指抜きとはなんぞや?」 というところでしょうけれど、単純に指を頭皮から離す行為

指を上げるというと分かりやすいでしょうか?

指抜きをする場面は感覚知なので文字にするのは難しいのですが、毎日行うシャンプー。

多くの方は3,4日。長くても1週間あれば感覚知を掴むことができますよ。

指の面でシャンプーすることのメリット

指先の点ではなく、指の腹の面を使ってシャンプーをすることの「メリット」。

  1. しっかりと力が入って洗える
  2. すっきり感が異なる
  3. 爪が当たらないので頭皮を傷付けない

力が入りしっかりと洗えるからこそ、シャンプーをした時に異なるすっきり感。

また、すすぎをする際にも流すのが容易になるため、もれることが少なくなります。

指の腹を使いますので、爪が頭皮に当たらないというのもメリット!

頭皮の傷は髪が生えてくる場所だからこそ、傷はトラブルの元。

指先の点ではなく、腹の面で洗わない理由がありません。

面を使えるとドライヤーで乾かす際にもメリット

指の腹、面を使えるようになることのメリットは、まだあります。

ドライヤーで髪を乾かす時間が短縮できる
ドライヤーで乾かす際は風を当てる際は、空気を通すために手はシャンプーと同様の作業をしますよね。
面で扱えることはより空気がが通るので、乾く時間が短縮します。
そんな差は出ないでしょ? とい思うかもですが、髪が長くなるほどその効果は絶大です。

個人でも美容師、理容師のように洗える

個人でも美容師、理容師のように洗える

美容師や理容師にシャンプーをしてもらうと、なぜ気持ちがいいのか?

指をのどちらを使うか

指の使い方に、大きな違いがありました。

指の先の点ではなく、腹の面を使うようにするには、最初だけ難しいかもしれません。

ですが、意識すれはすぐに使えるようになります。

また、面で頭皮に触れるからこそマッサージ効果も。

爪で頭皮を傷付けることもありませんので、「指の腹 = 面」を利用しない理由は何もありません

ぜひ今日のシャンプーから、指の使い方を意識して行うようにしてみてください。

小さな差ではなく、全く異なるものですよ。

 

以上、『なぜ美容師や理容師にシャンプーをしてもらうと気持ちがいいのか?』でした。