なぜ私や、僕の髪の毛だけ、ペチャンコにいつもなるのはなぜ?

なぜ私や僕の髪だけ、ペシャンコになるのか?

見た目のボリューム不足につながるため、悩む方は多いです。

もし髪が脂っぽくなっているのではあればまだ納得でも、見た目で油分は問題になっていない…。

その理由はなぜなのかか?

  1. 髪は重力が一番影響する部分
  2. 自然乾燥をすることでクセになっている

上記2つがセットで理由となっている可能性が高いです。

髪が脂っぽければ、ある意味当然。

そうでなくても髪がペチャンコになるには、理由がありました。

具体的に2つのことがどういう理由で、どうすればペチャンコにならずにボリュームを改善できるのか、解説をしていきます。

前提として髪は重力を受けるもの

私たちが住んでいる地球にあるのは「重力」。

感覚として感じることはないですが、実は一番影響を受けているのが髪。

ほんの数センチの長さで髪が頭皮に向かって倒れるというのは、重力によるもの。

重要なのは乾いている状態であってもです。

これは、どんな髪が硬い方であっても同様。

乾いた髪でもたった数センチで立ち上がらないのに、濡れた髪はどうなるかというと、もっとペチャンコに。

水分の重みが加わるのですから、当然といえます。

では、その濡れた髪を自然乾燥にするとどうかなるかというと、次の説明に続きます。

髪はクセがつきやすい

自然乾燥をするということは、よほど短髪の方でない限り、濡れている時間が長いということ。

この事が髪がペチャンコになることに直結。それには理由があります。

髪はクセがつきやすい

だからこそ髪のセットできますが、ペチャンコになっている状態も当然のようにクセとなります。

寝癖も髪が濡れてる状態であるほど、余計に強くなるのはみなさんご存知の通り。

髪が濡れていることは、より重力がかかっている状態。

自然乾燥で乾いた時に髪がペチャンコになるのは必然。なるべくしてなった結果です。

髪ペチャンコにしないためにはどうする?

では、髪をペチャンコにしないためにはどうするか。

自然乾燥ではなく、ドライヤーで髪を乾かす

答えはものすごく単純。

重さとなりペチャンコの原因の水分を乾かせばいいんです。

そもそもが自然乾燥は細菌の発生、匂いの原因にもなるので、髪のケアとしてオススメができない行為。

それだけでなく、髪がペチャンコになる原因にもなっていました。

ドライヤーで乾かす際は、特に根本。

頭皮の水分が指先で触った時に感じな程度で行ってください。

根本が濡れていると、髪だけ乾いてもペチャンコになる原因になります。

髪がペチャンコになるのは改善できます

髪がペチャンコになるのは改善できます

髪がペチャンコになるのは、多くの場合は油分。

必要以上にあれば、正直にペタッとなって当然な状態。

また、脂っぽくないのにペチャンコとなるという方の多くが、自然乾燥であることが原因でした。

  1. 髪は重力が一番影響する部分
  2. 自然乾燥をすることでクセになっている

ドライヤーを使うことが髪によくないと考え、自然乾燥を選択する方がいます。

ですが、必要以上に長い時間を使わない限り、問題は発生しません。

逆に自然乾燥で濡れた時間がな長くなる方が、髪にも頭皮にもよろしくありません

髪がペチャンコになると、ボリューム不足に見える。周りから見て感じるよりも、何よりも本人が気になってしまうもの。

改善は可能ですで、今日から実践してみてください。

私が現役の美容師だった頃も、「髪のボリュームが…」という方の多くが、油分が多くある場合。

もしくは、話を聞いてみると自然乾燥の方が圧倒的に多かったです。

繰り返しになりますが、ドライヤーで乾かす際は、髪よりも根本が乾くことに気をつけてみてください。

根本が立ち上がっていれば、髪のペチャンコの原因になりえません。

 

以上、『なぜ私や、僕の髪の毛だけ、ペチャンコにいつもなるのはなぜ?』でした。