女性に多い髪の悩みのトップ3! 原因を知ることで、改善につなげられます

見た目に直接関係するからこそ、多くなるのは「髪の悩み」。

  1. うまくセットができない
  2. 髪が傷んでいる
  3. 髪が薄くなってきた

上記の3つは女性に圧倒的に多い髪の悩み。

1、2は基本セットで、年齢とともに3が追加される形。

同じ悩みを持つ方もいますが、男性の場合は薄くなるのは共通で、油っぽさや匂いが取れない場合が多くなります。

同じ髪の悩みでも違いがあるんです。

女性に圧倒的に多い髪の悩みの3つについて、解説していきます。

女性に多い3つの髪の悩み

同じ悩みであっても、女性と男性で違いが出てくる理由は、多くの場合「髪の長さ」。

稀に男性でも長い方はいますが、殆どの場合は女性よりも短い髪。

男性は短く切る機会が多いからこそ痛みが解消されやすく、同じ髪の悩みであっても内容が異なってきます。

それならば短くすればいいかといえば「髪は女の命」を言われる通り、そう短くは切れないですよね。

短髪でも似合う方はいらっしゃいますが、男性の長髪と同様。

女性の短髪は、ごく一部の方の特権といわれるようなもの。

だからこそ、気を使ってきれいに保つ必要があります。

うまくセットができない

美容院ではきれいにしてもらえるのに、自分ではうまくできない「セット」。

できる人がいるのに、なんでできないの? と感じたことはないでしょうか。

美容師はお金をもらうプロですから、ある意味できて当然。

仕上げができない美容師は、単なる技術不足です。

個人で行う際は、できている人を参考にすることがが正解に近づけます。

  • テンションがかけられていない
  • 使う道具が用途と異なっている
  • 髪が傷んでいる

美容師との多くの違いがテンション。力のことですが、これが大きな差。

セットの時間が長く保てられるのも、テンションが大きな差となってきます。

加えて思いの他に多いのが、セットする際のブラシなど道具の用途との誤り。

技術力としては美容師ようりもどうしても落ちるのですから、道具での補填というのは必要です。

次の項目にも通じますが、髪が痛み過ぎているとセットの難易度は上がっていきます。

髪が傷んでいる

ある程度長さがあるからこその「の痛み」。

髪に長があるからこそ、男性よりも圧倒的に傷んでいる悩みは多くなります。

  • カラー(染毛)、パーマ
  • 過度な手入れ、ブラッシング
  • 濡れた状態が長い

男性よりも基本は長いからこそ、起こる痛み。加えてカラーやパーマはダメージが広がる原因。

また、痛みが気になるからこそ、個人で逆に手入れのしすぎが原因になることも多いです。

特に痛みが気になるのに、自宅でカラーをするのはオススメはできません。

薬品がどうこうというよりも、施行時間の違い。

技術がない人が行うのは、髪が傷んでと言っているようなもの。

また、状態が髪が一番痛みやすい状態。

髪が痛んでると相談してくる人に話を聞くと、長さを問わずシャンプーをしてからタオルドライしかしない人がかなり多いです。

後からのセットも変なクセが出てしづらくなりますし、ドライヤーで乾かすのは必須でした。

髪が薄くなってきた

思いの他に女性でも多いのが「薄毛

早い人であれば男性と同様に20代。50代に入るようになると、かなり多くなります。

  • 生活習慣
  • 過激なダイエット
  • 髪の手入れ不足

薄毛で悩む女性で多く共通するのは、生活習慣に関係すること。

栄養バランスが取れないと、肌にも現れますが、髪にも大きな影響が現れます。

過激なダイエットはその筆頭といえるもの。

肌は生きていますのでまだ化粧品なので補填ができますが、髪の伸びている部分は言わば死んだ細胞。

トリートメントなどで補填はできますが、限界があります。

栄養不足で髪が細くなり、少なく見える。気になるからこそストレスになり、髪が薄くなる原因となってしまいます。

根本的なダメージも含めて、ストレスをかけすぎないことも重要です。

栄養バランスが原因である場合、女性ホルモンが多い状態であるのに若い世代で薄くなるのは、髪の問題だけでなくかなり危険な状態といえます。

髪の手入れ不足というのは、シャンプーやブラッシングを怠ること。

年配になるほど多くなります。

過度になると逆効果になる場合が多いですが、最低限の手入れは必要です。

まずは原因となる理由を知ること

まずは原因となる理由を知ること

女性に多い髪の納屋いの「セットができない、髪の痛み、薄毛」。

共通する2つと、追加される項目。

髪をきれいに保つには、ある程度の努力は必要。

だからこそ改善がどうこうという前に、なぜ悩む理由になるのがを知ることが重要でした。

原因がさまざまだからこそ、全て同じ対応というのは間違いだからです。

  1. うまくセットができない → 出来るまでやる
  2. 髪が傷んでいる → 手入れを入念に
  3. 髪が薄くなってきた → 育毛剤

悩みと改善のための行動。

上記は対応として合っているように一見は見えますが、初期対応としては全て間違い

先に悩みとなる原因を確認しましょう。

その上で補填をするよりも、まずは現状の改善。結果が変わってきますよ。

個別の対応については順々に解説、紹介していきますので、まずは原因からと覚えておいてくださいね。

 

以上、『女性に多い髪の悩みのトップ3! 原因を知ることで、改善につなげられます』でした。