過激な食事制限は、体の前に髪を細くヒョロヒョロにする

男女関わらない関心事といえば「ダイエット」。

その目的は健康のためだったり、キレイ、かっこよくなりたいからなど、始める理由は様々。

本来は運動を合わせて行うのがベストなのですが、多くの方が選択するのは食事制限のみ。

しかも基礎代謝カロリーに満たない、極端な制限を行う人も多いです。

過度な食事制限は爪と髪に最初に影響する

極端な食事制限をしても体に変化はすぐには表れませんが、すぐに影響するのが爪と髪。

このことを忘れてはいけません。

髪は細くなり、艶やハリ、コシがなくなってしまいます。

しかも一瞬でも考えると分かりますが、怖いことはこれだけではありません。

生えてきた爪と髪はそのまま変わらない

後からから改善できればまだいいのですが、生えてきた以上の状態が100の爪と髪。

結果を急いで極端な食事制限をしてしまったばかりに、すぐには取り返せない後悔となります。

健康や美容はもちろんこと、爪や髪への影響が大きい極端な食事制限について、解説していきます。

体よりも先に影響する爪と髪

まず、基礎代謝とは何もぜずとも、生きるために消費する「最低限のエネルギー」。

これに行動することにより消費するエネルギー「活動代謝」を足したものが、1日の消費カロリー。

数値は体の大きさ、筋肉量、活動量の多さで人それぞれで大きく変わってきます。

このことを含めた上で、ダイエットの基本はみなさんご存知の通り。

  • 消費カロリー > 摂取カロリー = 痩せる
  • 消費カロリー < 摂取カロリー = 太る

どちらか一方に傾いても2,3日の短期間は体には変化がありませんが、ある程度の期間を継続することで、痩せる、太るということが起こります。

体がすぐに変化が起こらない理由は、セットポイント。

長期間維持された体重の値を脳と連動する働きがあるから。1日食べなかったり、1回どか食いしても変化しない理由です。

ここで重要なのは、“体”はということ

生命を維持する部分は自然と守られますが、爪と髪は別。

食事の差が爪と髪にはすぐに結果として出る

栄養過多になった場合も変化はありますが、特に影響するのは足りなかった時。

基礎代謝を明らかに下回るような食事制限を行ってしまうと、すぐに結果として表れてきます。

栄養が不足するとどうなる?

過度な食事制限を行うと影響が早い段階で出る「爪と髪」。

  • :凸凹になるなど、変形
  • :細く、艶やハリ、コシがなくなる

なってほしくないことが、起こるんです。

極端な食事制限をするほど、圧倒的に体よりも先に変化が起こります。

体が痩せるのは大変ですが、爪と髪は一気にです。

また、ダイエット中はしょうがないではなく、この一時の頑張りすぎが長期間にわたって影響します。

だからこそ、極端な食事制限はオススメができません。

生えてきた時よりもよくはできない

多くの人が忘れてしまいがちですが、爪の髪は生えてきた時が「100の状態」。

後からケアすればいいや! と思うかもしれませんが、生えてきた以上によくはなりません。

変形した爪や細く、艶やハリがなくコシがない髪は、そのままということ。

生えくる時に最高の状態であること

キレイな爪、髪を得たいのであれば、必ず意識する必要があることでした。

しかも、1度生えてきた部分が切るまでというのは、爪、髪ともに長い期間を要します。

このことは、一時の頑張り過ぎの影響を後悔しても、しばらく取り返せないことを意味します。

頻繁に過激な食事制限を含むダイエットを繰り返す方が、髪がパサパサ、薄く見えるのは当然の結果でした。

気持ちは分かりますが、急ぎ過ぎは見た目にも影響するんです。

基礎代謝を下回るような過激な食事制限は、爪と髪に最初に影響すると覚えておきましょう。

後から取り返せない後悔をしないために

後から取り返せない後悔をしないために

男女関わらず多くの方が興味があり、健康や美容のために行う「ダイエット」。

爪や髪のことがあるからしてはダメ! ではなく、過激な食事制限がアウトということ。

過度な食事制限は爪と髪に最初に影響する

体の前に先に影響があるということを忘れてはいけません。

かつ、1度生えてきた状態以上には、あとからどんなにケアしてもできません。

ダイエットの結果を急ぐからこそ、頑張り過ぎてしまうのだと思います。

ですが、後から取り戻せない後悔につながりますので、コツコツダイエットをオススメします。

爪や髪が痩せる。キレイでもかっこよくもありませんので、気を付けてください。

基礎代謝を下回るような過激な食事制限は、絶対にしてはダメですよ。

 

以上、『過激な食事制限は、体の前に髪を細くヒョロヒョロにする』でした。